三重県松阪市の医療と介護の専門家 

LINE@に登録して西井医院とお友達になりませんか

咳止め薬について

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
1974年生まれ。2000年三重大学医学部卒業。三重県松阪市で内科クリニックを10年前からしています。また診療所に併設して有料老人ホーム、認知症対応型グループホームもあり、自宅生活の方も含め在宅医療も行っています。 地域のかかりつけ医として気軽になんでも相談してください。医療と介護の両面から一緒に考えます。
詳しいプロフィールはこちら

スポンサーリンク

厚生労働省は7月4日にコデイン類含有製剤について「12歳未満の小児には投与しない」旨を重要な基本的注意に記載するよう、添付文書の改訂を指示しました。

コデイン類は市販の感冒薬や咳止め薬にもよく入っている成分です。

今回の処方制限は欧米における規制強化を受けてのものです。

欧米よりも低頻度ですが呼吸抑制などの中毒症状が見られるというエビデンスも判断材料となりました。

これを受けて12歳未満は2019年よりコデイン類の使用が禁忌となります。

小児科の先生は元々あまりコデイン類は使わないと思いますし、他科の先生が処方しても調剤薬局で疑義照会がかかるようになるため医療機関自体は問題ないと思います。

問題はOTC医薬品となっているため当面はドラッグストアで販売されたり、ネットショッピングで購入したり、自宅に残っているものも使うといったことではないでしょうか?

将来的には製薬会社もリスク回避のためOTC医薬品はノンコデイン咳止め薬しか販売しなくなると思われます。

現在「子どもの咳止め」としてドラッグストアで売られているOTC医薬品

・アルペンS こどもせきどめシロップ イチゴ味 120ml

生後3か月から服用できると書いてあります。
ジヒドロコデインリン塩酸塩を含みます。

 

・ムヒのこどもせきどめシロップS

生後3か月から服用できると書いてあります。
ジヒドロコデインリン塩酸塩を含みます。

 

・こどもパブロンせき止め液

1歳から服用できると書いてあります。
ジヒドロコデインリン酸塩を含みます。

 

以上のように、市販の咳止めにはコデインが含まれているものがあります。

ここには挙げていなくても、コデインを含む総合感冒薬はたくさんあります。

コデイン類による咳止め効果は中枢性に効くので、無理矢理咳を止める感じになり個人的には好きではない効き方をしますが、しっかり止まるので好まれる方もいます。

 

スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
1974年生まれ。2000年三重大学医学部卒業。三重県松阪市で内科クリニックを10年前からしています。また診療所に併設して有料老人ホーム、認知症対応型グループホームもあり、自宅生活の方も含め在宅医療も行っています。 地域のかかりつけ医として気軽になんでも相談してください。医療と介護の両面から一緒に考えます。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 西井医院の院長ブログ , 2017 All Rights Reserved.