三重県松阪市の医療と介護の専門家 

2018年度のインフルエンザワクチンとインフルエンザの新薬ゾフルーザ

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
1974年生まれ。2000年三重大学医学部卒業。三重県松阪市で内科クリニックをしています。また診療所に併設して有料老人ホーム、認知症対応型グループホームもあり、一般家庭の方も含め在宅医療も行っています。
詳しいプロフィールはこちら

スポンサーリンク

猛暑日が続いていますが、なんでこの時期にインフルエンザ?と思うかもしれません。

実は医療機関はこの時期にインフルエンザワクチンの予約注文を卸さんにしています。

そして10月上旬から中旬にかけて納入され各医療機関で保管されます。

 

インフルエンザワクチンとその他のワクチンの仕入れの違い

インフルエンザワクチン以外のワクチンは基本的に患者さんから希望があった時点で注文をかけます。

そのため小児の予防接種は必ずと言っていいほど予約制になっています。

しかし、インフルエンザワクチンは予め昨年の納入実績に基づいて卸さんが予約を受け付けてくれます。

短期間に不特定多数の人がたくさん打つからこその納入方法です。

また、インフルエンザワクチン以外は返品を受け付けません。

パティ
返品不可なので予約したら必ず来てほしいワン。

インフルエンザワクチンは余れば一箱からでもシーズンが終わると返品できます。

院長
但したくさん仕入れて、たくさん返品すると翌年予約してもらえなくなります。

 

2018年度のインフルエンザワクチン

今年度のインフルエンザワクチンの製造株は4月19日付けで厚生労働省により通知があり、ワクチンメーカーはそれに従って作っています。

2018/2019冬シーズンA/Singapore(シンガポール)/GP1908/2015(IVR-180)(H1N1)pdm09
A/Singapore(シンガポール)/INFIMH-16-0019/2016(IVR-186)(H3N2)
B/Phuket(プーケット)/3073/2013(山形系統)
B/Maryland(メリーランド)/15/2016(NYMC BX-69A)(ビクトリア系統)

ちなみに昨年はこちら

2017/2018冬シーズンA/Singapore(シンガポール)/GP1908/2015(IVR-180)(H1N1)pdm09
A/Hong Kong(香港) /4801/2014(X-263)(H3N2)
B/Phuket(プーケット)/3073/2013(山形系統)
B/Texas(テキサス)/2/2013(ビクトリア系統)

A/Singapore(シンガポール)~とB/Phuket(プーケット)~は昨年から引き続き使われます。

院長
ちなみにA/Singapore(シンガポール)/GP1908/2015(IVR-180)(H1N1)pdm09は2009年6月に新型インフルエンザとして突然流行り大騒ぎになった株なんですよ。

 

インフルエンザワクチンは毎年使われているインフルエンザウイルスの株が違うため、昨年打ったから今年は大丈夫とはなりません

 

2017年度のインフルエンザを振り返る

2017年度のインフルエンザはワクチン製造の時点でけちが付きました。

上記の2017/2018冬シーズン株は実は2016/2017冬シーズン株と同じです。

毎年違う株を使うといったのになぜ?と思うかもしれません。

実は本来決められた2017/2018冬シーズン株のウイルス培養が上手くいかず、急遽2016/2017冬シーズン株に製造を切り替えました。

そのため、ワクチンの製造が遅れ、ワクチンの入荷も遅くなりました。

 

また、例年よりやや早い11月下旬よりインフルエンザが流行りだしました。

例年ならA型の流行が終わる頃に流行り始めるB型がA型と同時に流行してしまい、患者数の増加に寄与しました。

昨年の推計患者数は2230万人を超え、統計を取り始めた1999年以降最多となりました。

 

2018年度シーズンはどうなる?

ハッキリ言って今の段階(2018/7/30)ではいつからどれほど流行るかも分かりません。

今シーズンは新しい坑インフルエンザ薬「ゾフルーザ」が発売されて初めて本格的に使用されるシーズンになります。

 

ゾフルーザについての記事はこちら新発売のインフルエンザ治療薬 《ゾフルーザ》

 

もう一つインフルエンザ治療での話題はタミフルにジェネリック医薬品が登場します。

安く治療したいという場合の選択肢としては有りかと思います。

タミフル(及びタミフルのジェネリック)の欠点は1日2回・5日間服用し続けないといけない点です。

指示どうりに飲めば効きます。

しかし飲み忘れや途中で服用を止める人が結構います。

耐性ウイルスの出現にもつながるため指示どうりに服用してもらわないといけないのですが…。

その他のインフルエンザ治療薬は吸入指導が必要、点滴投与が必要など面倒な点があります。

また、薬価が安くなるとは言ってもわけでは慢性疾患のようにずっと飲み続けるものではありません。

ですので、私は今シーズンはほぼゾフルーザ一択で処方する予定です。

 

インフルエンザ予防にはまずワクチン、うがい手洗い、空間除菌脱臭機

最近の空気清浄機にはウイルスを殺す機能までついているものもあります。

その分高価ではありますが、医師の視点からお勧めできるのは「ジアイーノ」です。

 

次亜塩素酸で空気を洗うジアイーノ

空気清浄機は空気中に浮遊するハウスダストや花粉などの集じんを主な目的とし、お部屋に付着した菌やウイルスの抑制には時間がかかります。

また、発生し続けるニオイでは脱臭効果を実感しにくい場合がありました。

「ジアイーノ」は、空間の除菌・脱臭に特化し、菌やウイルス、ニオイにすばやく優れた抑制力を発揮します。

 

ジアイーノがお薦めの利用者

  • [乳幼児のいるご家庭に]
    赤ちゃんのために、除菌・ウイルス対策を。
  • [受験生のいるご家庭に]
    受験生のために、お部屋を除菌・ウイルス抑制。
  • [在宅介護のご家庭に]
    お部屋をいつも清潔に、心地よく。
  • [ペットのいるご家庭に]
    お部屋の動物臭や排泄臭もスピード脱臭。

 

スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
1974年生まれ。2000年三重大学医学部卒業。三重県松阪市で内科クリニックをしています。また診療所に併設して有料老人ホーム、認知症対応型グループホームもあり、一般家庭の方も含め在宅医療も行っています。
詳しいプロフィールはこちら

コメントを残す

Copyright© 西井医院の院長ブログ , 2018 All Rights Reserved.