三重県松阪市の医療と介護の専門家 

LINE@に登録して西井医院とお友達になりませんか

糖尿病と立ちくらみの深い関係~糖尿病歴が長い人は要注意~

 
この記事を書いている人 - WRITER -
1974年生まれ。2000年三重大学医学部卒業。三重県松阪市で内科クリニックを10年前からしています。診療所に併設して有料老人ホーム、認知症対応型グループホームもあり、自宅生活の方も含め在宅医療も行っています。 また、インスタグラムでフォロワー1万人超のアカウントを2つ運営するインスタグラマーでもあります。 地域のかかりつけ医として気軽になんでも相談してください。医療と介護の両面から一緒に考えます。
詳しいプロフィールはこちら

スポンサーリンク

こんにちは!

三重県松阪市の医療と介護の専門家、

西井医院の院長(  @nishii.hospital)です。

 

糖尿病歴が長い人によくある訴えの一つに立ちくらみがあります。

院長
この場合「長い」とは少なくとも10年以上です。

 

 

糖尿病は多彩な合併症を引き起こす

糖尿病でよく知られる3大合併症は、①糖尿病性腎症、②糖尿病性網膜症、③糖尿病性神経障害です。

この中で糖尿病性神経障害は多彩な症状を示します。

糖尿病になってから10年ほど経った患者さんの半数近くは神経障害を伴うとも言われています。

昔からよくある神経障害は足やつま先のしびれや無感覚を生じる末梢神経障害です。

神経障害も放っておくとと服が着られなかったり、シャワーを浴びることができないほどの激痛に進展したり、逆に神経が麻痺したり、足の壊疽や突然死の原因にもなります。

院長
ただ、糖尿病治療の進化によりそこまでひどい末梢神経障害の患者を診る機会は減っています。

 

糖尿病による自律神経障害が増えている

最近、糖尿病患者の増加と共に増えてきたのが自律神経障害です。

自律神経障害では、血圧や消化管の働き、性機能、排尿機能、体温や発汗調整といった身体調節機能が障害されます。

 

立ちくらみが自律神経障害で最も多い

院長
立ち上がったときに血圧が下がるために起こる症状で、気を失うように感じます。

立ちくらみを「めまい」と訴えることも多いので注意が必要です。

めまいについて詳しく知りたい方へ

めまいの原因と種類、治療法について

 

立ちくらみの予防

立ちくらみを防止するため、寝ている姿勢から一気に起き上がらず、いったん座り直しひと息ついてから立ち上がりましょう。

長風呂は避ける方がおすすめです。

また、立ちくらみを低血糖の症状と勘違いしないようにしてください。

院長
立ちくらみは数秒~数分で終わりますが、低血糖症状がすぐに消えることはありません。

 

自律神経障害による立ちくらみの治療

元々血圧が低い方の場合は、血圧を上昇させる薬を用います。

しかし立ちくらみで多いのは、高血圧の薬を服用していることが神経障害と相まって立ちくらみの原因となっている場合です。

この場合は高血圧の薬を(可能な範囲で)減量・中止します。

院長
降圧薬を勝手に減量・中止は危険です。必ず主治医と相談してください!

 

もちろん、原因となっている糖尿病の治療も大切です。

糖尿病の治療が不十分ですと、末梢神経障害も進行していきます。

 

最後に

末梢神経障害で立ちくらみなどの症状が現れることはあまり知られていません。

診断がつかずに病院を転々とする患者さんもいるかと思います。

立ちくらみを訴える全ての人が末梢神経障害ではありませんが、糖尿病や糖尿病前症、メタボリックシンドロームがあるなら、まずは主治医に症状について尋ねてみましょう。

スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
1974年生まれ。2000年三重大学医学部卒業。三重県松阪市で内科クリニックを10年前からしています。診療所に併設して有料老人ホーム、認知症対応型グループホームもあり、自宅生活の方も含め在宅医療も行っています。 また、インスタグラムでフォロワー1万人超のアカウントを2つ運営するインスタグラマーでもあります。 地域のかかりつけ医として気軽になんでも相談してください。医療と介護の両面から一緒に考えます。
詳しいプロフィールはこちら




- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 西井医院の院長ブログ , 2020 All Rights Reserved.