三重県松阪市の医療と介護の専門家 

10月20日は世界骨粗鬆症デーです。骨を守る3つのポイント。

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
1974年生まれ。2000年三重大学医学部卒業。三重県松阪市で内科クリニックをしています。また診療所に併設して有料老人ホーム、認知症対応型グループホームもあり、一般家庭の方も含め在宅医療も行っています。
詳しいプロフィールはこちら

スポンサーリンク

毎年10月20日は世界骨粗鬆症デーです。

世界骨粗鬆症デーは、英国骨粗鬆症学会が1996年10月20日に骨粗鬆症の啓発を目的に創設したものを1997年に国際骨粗鬆症財団が引き継ぎ、「世界から骨粗鬆症による骨折をなくす」ことを目標に地球規模で展開しています。

骨に関するデータ

50歳以上の女性が骨折する確率は1/3、50歳以上の男性が骨折する確率は1/5です。

生涯で骨粗鬆症により骨折する割合は、女性では、50歳で46.4%、80歳で31.7%。男性では、50歳で22.4%、80歳で15.3%です。

 

骨折前の歩行状態に回復しない割合は40%です。

大腿骨骨折(足の付け根の骨折)後1年で、骨折前の歩行状態に回復した割合は約60%であり、約40%は元の状態に回復しなかったことが示されています。

 

足の付け根の骨折後1年以内の死亡率は20~24%です。

大腿骨骨折後1年以内の死亡率は20%(95%CI:16~24%)でした。実は下手なガンよりも死亡率が高いのです。

 

骨を守るために大事な3つのポイント

  1. 適度な運動
  2. 十分な栄養
  3. 検査 です。

当院では骨密度測定検査を行っています。

レントゲンで手の骨を撮影するだけの簡単な検査です。

下記の骨の健康度チェック表で気になった方は一度検査を受けてみませんか?

 

 

スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
1974年生まれ。2000年三重大学医学部卒業。三重県松阪市で内科クリニックをしています。また診療所に併設して有料老人ホーム、認知症対応型グループホームもあり、一般家庭の方も含め在宅医療も行っています。
詳しいプロフィールはこちら

コメントを残す

Copyright© 西井医院の院長ブログ , 2017 All Rights Reserved.