三重県松阪市の医療と介護の専門家 

エピペン処方について

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
1974年生まれ。2000年三重大学医学部卒業。三重県松阪市で内科クリニックをしています。また診療所に併設して有料老人ホーム、認知症対応型グループホームもあり、一般家庭の方も含め在宅医療も行っています。
詳しいプロフィールはこちら

スポンサーリンク

エピペン処方は登録医制です

先日のブログでアナフィラキシーのことを書いた際、エピペン注射にも触れましたが、エピペンは医師なら誰でも処方できるわけではありません。

私自身もエピペンのことを書いている際にメーカーのホームページを見てエピペン処方医のことを知りました。

エピペン登録医になりました

そこで早速申請し、WEB講習を受けて無事登録できました。

メーカーのホームページから検索では4月1日より表示されますが、既に登録はされたので本日より処方可能です。

学校や職場への周知をしておきましょう

4月は入園・入学・入社の季節です。

エピペンが必要な患者さんは万一の場合、教員や職場の同僚の方に注射をしてもらうことが必要となるかもしれません。

その際に落ち着いて打ってもらえるように予め伝えておきましょう。

エピペンが必要なお子さんの保護者の方は必ず担当教員にアレルギーの有無と同時にエピペン持参のことも伝えてください。

スポンサーリンク


 

体重によりエピペンは使用量が違います

 

スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
1974年生まれ。2000年三重大学医学部卒業。三重県松阪市で内科クリニックをしています。また診療所に併設して有料老人ホーム、認知症対応型グループホームもあり、一般家庭の方も含め在宅医療も行っています。
詳しいプロフィールはこちら

コメントを残す

Copyright© 西井医院の院長ブログ , 2018 All Rights Reserved.