三重県松阪市の医療と介護の専門家 

LINE@に登録して西井医院とお友達になりませんか

DHA・EPAサプリメントは本当に血液サラサラになる?

 
この記事を書いている人 - WRITER -
1974年生まれ。2000年三重大学医学部卒業。三重県松阪市で内科クリニックを10年前からしています。診療所に併設して有料老人ホーム、認知症対応型グループホームもあり、自宅生活の方も含め在宅医療も行っています。 また、インスタグラムでフォロワー1万人超のアカウントを2つ運営するインスタグラマーでもあります。 地域のかかりつけ医として気軽になんでも相談してください。医療と介護の両面から一緒に考えます。
詳しいプロフィールはこちら

スポンサーリンク

こんにちは!

三重県松阪市の医療と介護の専門家、

西井医院の院長(  @nishii.hospital)です。

 

DHA・EPAサプリメントは

  • 「血液サラサラ成分」
  • 「中性脂肪に効く」
  • 「頭が良くなる」

という宣伝文句で売られています。

 

DHA・EPAとは

どちらも脂肪酸の一種であり「オメガ3必須脂肪酸」ともいいます。

DHAは(ドコサヘキサエン酸)の略で人間の脳や目の網膜の脂質成分で、脳に直接入って栄養素として機能できる数少ない物質です。

EPA(エイコサペンタエン酸)は、脳内にはほとんど存在せず、血液サラサラ効果や中性脂肪低下作用がDHAより高い物質です。

院長
両方を摂取すると相乗効果が期待できます。

 

主に魚(いわゆる青魚に多い)に含まれる脂であり、どちらも似た働きをします。

DHA・EPAの生理作用は、血液凝固を防ぎ血栓ができにくくなるです。

(血液を“固まらせにくくする”作用がある)

院長
血液を“固まらせにくくする”作用がある」がいつの間にか「血液サラサラ」に置き換わっています。

微妙にニュアンスが違うのですが…。

 

DHAで頭がよくなる?

DHAの効果として「頭がよくなる」といったことがよく言われます。

その根拠としてDHAにはアルツハイマーや認知症、物忘れ、うつ病への効果があるとの研究が切り取られて伝わっていることが原因です。

しかし今の所それらへの医学的なエビデンスは乏しく、認知症などへの効果は認められてません

院長
うつ病でEPA製剤を処方することはありません。

 

なぜ「頭がよくなる」と言われるようになったか

そもそもは、1985年にイギリスのクロフォード博士によって「魚を多く食べる日本人の子供は、肉食中心の欧米の子供より平均的に知能指数が高い」との発表が原因です。

しかし、その後の研究において知能指数説については否定的な見解に落ち着いています。

また、DHA・EPAの生理作用と「頭のよさ」について接続性のある説明もみられません

院長
テストの直前にDHA入り食品を子供に食べさせても効きません。

でも親心は届くかもしれませんね。

 

DHA・EPAは何に効くか

医薬品であるEPA製剤(エパデール®)とEPA/DHA製剤(ロトリガ®)は「高脂血症」の適応を持っています。

これらの薬はヒトでの臨床試験をした時に「動脈の弾力性保持作用」、「血清脂質改善作用」、「血小板凝集抑制作用」が認められています。

 

DHAサプリメントと医薬品の違い

1.DHA/EPAの配合量の違い

DHA・EPAを医薬品として使う場合、高脂血症などの治療において「ロトリガ®」では最大4g/日、「エパデール®」では最大2700mg/日の投与が認められています。

しかしサプリメントでは製剤により差がありますが、1日量が300~500mgと医薬品と比べると圧倒的に少ないです。

院長
中性脂肪を下げるには大量に服用しないと下がりません。

 

2.DHA/EPAの純度の違い

医薬品で用いられているDHA・EPAは非常に高純度(純度90%以上)です。

品質に関してもしっかり管理されています。

一方、いわゆる健康食品(サプリメントや機能性表示食品など)で使われているDHA・EPAでは、あくまでも商業目的のため質の面で問題がないとは言い切れません。

 

3.血液サラサラ効果

医薬品の容量では確かに抗血栓作用・血液凝固抑制作用があるため、出血する危険性がある患者に対しては禁忌です。

投与できません。

逆にサプリメントの容量ではサラサラになるには不十分と言えるでしょう。

 

最近はEPA製剤がスイッチOTC薬としてあります

それが大正製薬の「エパデールT®」です。

エパデールSの600mg製剤と同じになります。

院長
第1類医薬品となるため、店頭では薬剤師がいないと買えません。

ネットでもメールで質問に答える必要があります。

 

まとめ

DHA/EPAサプリメント単独では、「血液サラサラ」、「中性脂肪に効く」、「頭が良くなる」は期待できません。

院長
医薬品でも頭はよくなりません!

 

普段、青魚を食べない人はDHA/EPAの補給としてサプリメントを使うのがよいでしょう。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

こんにちは❗️ 漢方🌿とサプリメント💊が得意な医師👨‍⚕️ 西井医院の西井義典です。 DHA・EPAサプリメントは 「血液サラサラ成分」 「中性脂肪に効く」 「頭が良くなる」 という宣伝文句で売られています。 確かにDHA/EPAは医薬品として使う高容量では「血液サラサラ」や「中性脂肪を下げる」効果を認めます。 しかし、サプリメントとして服用する用量では血液サラサラや中性脂肪を下げるには不十分です。 容量の多いOTC医薬品も最近は発売されていますが、出血しやすい人は禁忌です。 ※当院のサプリメント外来では、サプリメントの処方前に血液検査を行い成分が過剰又は不足していないか確認します。 質問や取り上げて欲しい内容があればコメント欄からお願いします😌 ————————- LINE登録でプレゼント🎁 サプリメントについて解説した全6本の無料動画をプレゼントしています✨ 中身は、 1.医師の選ぶサプリメントの条件① 2.医師の選ぶサプリメントの条件② 3.そもそもサプリメントとは? 4.サプリメントに期待される役割 5.サプリメントの性能の見分け方 6.サプリメントでよくある質問 です。 プロフィールからのLINEお友達追加でプレゼント中です🎁 ↓↓↓↓↓↓↓ @kampo_supplement_doctor LINEからの検索では @ gvt3410l で登録できます🎵 (@を忘れないでくださいね!)

漢方薬とサプリメントの医師(@kampo_supplement_doctor)がシェアした投稿 –

スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
1974年生まれ。2000年三重大学医学部卒業。三重県松阪市で内科クリニックを10年前からしています。診療所に併設して有料老人ホーム、認知症対応型グループホームもあり、自宅生活の方も含め在宅医療も行っています。 また、インスタグラムでフォロワー1万人超のアカウントを2つ運営するインスタグラマーでもあります。 地域のかかりつけ医として気軽になんでも相談してください。医療と介護の両面から一緒に考えます。
詳しいプロフィールはこちら




- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 西井医院の院長ブログ , 2019 All Rights Reserved.